ペットの正しいしつけ

なかなかペットのしつけに苦労している人たちも多くいることでしょう。
間違ったワンちゃんのしつけをしている人もいるので注意をしてください。
人間中心主義であり、人間的解釈しか出来ない人たちももちろん正しいワンちゃんのしつけは出来ないでしょう。
ワンちゃんの習性、本能についても知らなければならないことです。
人間と考え方のズレがあるということはとても当然のことであり、それを知らないから人間主張の世界にだけ生きてしまっています。
ズレがあり、ズレを修正するように頑張ってください。

段々と少なくはなって来ましたが、体罰、たたくことによってワンちゃんを従わせようとする人たちもいました。
そこでしつけは出来るのかもしれませんがワンちゃんと飼い主さんのいい関係が作られるとは決して思えません。
これは愛のムチだと主張する人もいますが、ワンちゃんに愛のムチなる言葉が通用するはずもありません。ワンちゃんにあるのは苦痛か否かという問題です。
しかしだから優しく優しく話しかければいいというのも間違いです。
ワンちゃんと人間との間に黙っていて愛情がスムーズに伝わることなどまずないと思ってください。

やはりワンちゃんには、来い、待て、伏せと言ったトレーニングが必要になります。
人間言葉で愛情を持って話しかけても、ワンちゃんはその言葉を決して理解することはありません。ひょっとしたらまだまだ間違いのしつけを多くの人たちがワンちゃんにしてしまっているのかもしれません。